歯科 熊本は「もりの歯科」 > 診療のご案内 > インプラント

インプラント

歯周病や虫歯などで失ってしまった歯の代わりに、人工の歯根を埋入し、骨と結合させることによって天然の歯と同様の機能を持たせる方法です。
入れ歯のように取り外しをしなくていいですし、違和感もありません。
手術に対して恐怖感がある方も、当院では、独自のMDC無痛麻酔システム(お昼寝をしている間に手術が終わってしまい、覚えていない人も多い)を実施していますので安心です。また、この麻酔方法は、高血圧や、心臓病など持病のある方でも、リラックスして、手術がうけられるため、合併症を予防できます。手術中も麻酔の専門医が管理しますので安全です。

術前正面

術前下

術後正面

術後下

インプラント顧問

西岡 真人先生 久保 敬司 先生
1975年 九州歯科大学卒業
1975年 九州大学歯学部口腔外科入局
1977年 九州大学歯学部第二口腔外科助手
1986年 歯学博士(九州大学)
1986年〜1988年 アレクサンダー・フォン・フンボルト財団奨学生として、ドイツ連邦共和国・マールブルグ大学留学
1990年 九州大学歯学部麻酔科准教授
スウェ―デン・イェーテボリ・ブロネマルククリニックにてインプラント研修
1997年 ドイツ連邦共和国・エアランゲン大学・顎顔面外科(Prof.Neukam)にて顎顔面インプラント研修
現在、福岡口腔インプラント研究所代表



医療法人 森の暁会 もりの歯科クリニックは専門医によるチーム医療を実施しております。

チームインプラント治療