歯科 熊本は「もりの歯科」 > MDCブログ

MDCブログ

むし歯を予防するために

むし歯の予防するためには

歯磨きの仕方だけではなく食事や

自分のリスクに応じた処置(フッ素やシーラント)

なども大切です 🙂

以下のことを意識しましょう!

☆だらだら食いをやめる

食事や間食をすることによってお口のphは

酸性に傾きます。

間食はなるべく時間を決めるようにしましょう!

 

☆自分に合った歯磨きをする

ただ磨くのではなくプラーク(歯垢)を

とることが大切です。

 

☆フッ素を利用する

歯の再石灰化を促すためにフッ素を

活用しましょう。

フッ素入りの歯磨き粉や洗口液は

またご紹介します♪

 

☆シーラントをする

シーラントはプラークが溜まりやすい

奥歯の溝が深いところを埋める予防処置です。

特に生えたての永久歯はむし歯になりやすく

シーラントを活用します

シーラントを予防処置なので歯を削ることは

しませんのでご安心ください 😉

 

☆矯正をする

歯並びが悪いところは磨きにくく

プラークが溜まりやすいので

むし歯のリスクが高くなります 😯

 

☆定期検診をうける

定期検診をうけむし歯になっている歯がないか

むし歯になりそうな歯がないか

しっかり自分で把握しましょう!

むし歯があっても早期発見できれば

治療回数は少なく済みます。

 

歯磨きのしかたや口の中の細菌の種類や数、

食生活など様々な要因が重なり

むし歯ができます。

いろんな面からアプローチして

むし歯予防をしていきましょう!!

 

 

 
コロナ対策について